文化学園服飾博物館について

概要

文化学園服飾博物館は、学校法人文化学園を母体とする日本では数少ない服飾専門の博物館です。文化学園は1923年に創設され、現在では文化学園大学、文化服装学院、文化ファッション大学院大学、服飾関連研究所、図書館、博物館、出版局などを擁し、ファッションの総合教育機関として、日本の服飾教育の中心を担い、ファッション界に多くの人材を送り出しています。学園の創設当初から、優れた実物資料による教育・研究をめざし服飾の専門博物館を設置することが構想され、資料の収集が進められてきました。こうした中で、文化学園服飾博物館は1979年に開館し、2003年には学園創立80周年を記念して甲州街道沿いの現在の施設、新宿文化クイントビルに移転しました。
当館は生活に欠かせない「衣」をテーマとした大学附属の専門博物館として、学術研究資料の目的で収集された衣服や染織品などを広く社会一般にも公開し、知識を深めたり、創作に役立てていただくなど、皆様のお役に立てることを願っています。

  • 外観
    外観
  • 展示の様子
    展示の様子
  • 展示の様子
    展示の様子
  • 展示の様子
    展示の様子

活動方針、内容

文化学園服飾博物館では「 ”衣” を通して日本と世界の文化を知る」をテーマに、所蔵品を中心とした年4回程度の企画展を行っています。
展示では、広い視野から衣服や染織の持つさまざまな面をとらえ、服飾を通して多様な文化を分かりやすく紹介しています。また、継続的な服飾資料の収集を行い、展示の充実をはかるとともに、ギャラリートークや講演会など、展示資料に対する理解を深める活動も行っています。
さらに、国内外の博物館・美術館などの展示や調査にも協力し、服飾・染織資料を社会全体で役立てるための情報を提供しています。

これまでのあゆみ

「 ”衣” を通して日本と世界の文化を知る」をテーマに、開館以来150回を超える企画展を開催するとともに、フランス、韓国、ブルガリア、チリなど、海外においても展覧会を開催し、衣文化を紹介してきました。

1979年 文化女子大学(現:文化学園大学)の附属施設として開館
1980年 東京都教育委員会より博物館相当施設の指定を受ける
1988年 『文化学園服飾博物館だより』を発刊
1989年 開館10周年記念「館蔵名品展」を開催
1998年 ホームページの開設
2002年 デジタル・アーカイブを整備し、インターネット上で所蔵資料の公開をはじめる
2002年 ブルガリア、ルーマニアにて「日本の着物 デザインと美意識展」を開催
2003年 甲州街道沿いの新しい施設に移転
文化学園創立80周年・新博物館開館を記念し、1年を通して4回の特別展を開催
2008年 フランスにて「バガテルきもの展」を開催
2009年 展示室にLED照明の導入
2012年 韓国 国立古宮博物館にて「徳恵翁主展」を開催
2013年 文化学園創立90周年特別展「明治・大正・昭和戦前期の宮廷服」を開催
  • 1979年 三笠宮崇仁親王をお迎えしての開館式
    1979年 三笠宮崇仁親王をお迎えしての開館式
  • 2003年 新しい博物館の竣工式
    2003年 新しい博物館の竣工式
  • 2008年「バガテルきもの展」開催
    2008年「バガテルきもの展」開催

施設概要

2階展示室 約480㎡
1階展示室 約203㎡
2階資料検索コーナー 約85㎡
標準的な展示資料数 100~150点
標準的な観覧所要時間 40分~1時間程度

  • 新宿文化クイントビル外観
    新宿文化クイントビル外観
  • 地球儀のオブジェ
    地球儀のオブジェ1階ロビー
    1階ロビー2階資料検索コーナー
    2階資料検索コーナー
文化学園服飾博物館について

Copylight ©2013 BUNKA GAKUEN COSYUME MUSEUM. All right reserved.