公益社団法人京都染織文化協会創立80周年記念             再現 女性の服装1500年 -京都の染織技術の粋-

2021年07月15日(木)~09月28日(火)

平安遷都以降、貴族や武家、そして裕福な町人の華やかで贅沢な衣生活を支えたのが、都の職人たちでした。応仁の乱で京が一時灰燼に帰すことがあっても、職人たちはこうした苦難を乗り越え、新たな染織技術を次々に生み出して現代に至っています。しかしその間、京都の染織が一時期低迷することもありました。昭和6年(1931年)、京都の染織業の振興を図るために行われたのが京都染織祭でした。本展覧会では、当時の京都の染織技術を結集して復元された、古墳時代から明治時代に至る女性の衣服を展示して日本の女性の服装の1500年をたどるとともに、当館所蔵の江戸時代後期から昭和時代初期の優品を通して京都の染織技術の真髄を感じていただきたいと思います。

主催/公益社団法人京都染織文化協会、文化学園服飾博物館
後援/京鹿の子絞振興協同組合、京都刺繍協同組合

関連イベント
【講演会】
日時:7月31日(土) 13:30~17:00(受付は13:00より開始)
「京都染織祭の歴史―なぜ女性時代風俗衣装は制作されたのか」
龍谷大学 非常勤講師 北野 裕子氏
「身分表現としての、服装と染織技術の選択 -近世以前の日本の服飾文化-」
共立女子大学 教授 長崎 巌氏
参加方法:オンライン開催(ZOOM)。予約不要。先着300名。展覧会特設ホームページにURLを公開します。
※詳細は、展覧会特設ホームページにてお知らせします。

【実演・ワークショップ】
職人による伝統染織技法の実演・ワークショップ
参加方法:ワークショップは事前予約制です。詳細、申し込みは展覧会特設ホームページより。

◎展覧会特設ホームページはこちら 
https://www.fashion-kyoto.or.jp/orikyo/80th.html


会期2021年07月15日(木)~09月28日(火)
開館時間10:00~16:30(7月16日、9月17日は19:00まで開館、入館は閉館の30分前まで)
*事前予約は必要ありません
*混雑時は入館をお待ちいただくこともあります。
休館日日曜・祝日
入館料一般500(400)円、大高生300(200)円、小中生200(100)円
*( )内は20名以上の団体料金
* 障害者とその付添者1名は無料

»  一覧へ

展示会情報

Copylight ©2013 BUNKA GAKUEN COSYUME MUSEUM. All right reserved.