文化学園服飾博物館

展覧会情報EXIBITION

年間スケジュール

ヨーロピアン・モード 特集:花 ~Flowers~ 2022年3月11日(金)~2022年5月18日(水) 終了

ヨーロッパのドレスは、それぞれの時代でスカートの形や丈、袖の大きさなどに流行が見られます。これらの流行は、政治的、経済的、社会的な要因が密接に関係しています。本展では、宮廷が流行を生み出した18世紀から、産業の発達や社会の成熟とともに変化する19世紀を経て、若者や大衆が流行の担い手となった20世紀末まで、ヨーロッパを発信源とする約250年の女性モードの変遷を、その社会背景とともに紹介します。また特集として「花」模様を取り上げます。花模様はいつの時代も好まれ、花の種類や色、配置、また織物、刺繍、捺染といった表現方法によって、さまざまな印象を与えます。展示では18世紀から20世紀までの花模様のドレスを中心に出品します。

※ギャラリートークは、新型コロナウイルス感染症予防のため実施いたしません。

ローブ・ア・ラ・フランセーズ<br>1770-75年頃 ローブ・ア・ラ・フランセーズ
1770-75年頃
デイ・ドレス 1835年頃 デイ・ドレス 1835年頃
デイ・ドレス 1865年頃 デイ・ドレス 1865年頃
ドレス 1954年 ディオ―ル ドレス 1954年 ディオ―ル
ドレス 1965-75年頃 プッチ ドレス 1965-75年頃 プッチ

型染 ~ 日本の美 2022年6月15日(水)~2022年8月4日(木) 終了

紙や木の型を使って布に文様を表す型染は、日本の豊かな染織文化の中で古くから行われてきました。型による文様には整然とした模様配置や反復の諧調など、特有の表現や美しさを見出すことができます。ものの形を巧みにとらえて単純化、デフォルメした図案は、型の使用という制約があるからこそで、かえってそのものの本質を印象深く表すことができ、日本人の文様に対する独特の美意識も感じられます。本展では、小紋、板締、型友禅など、藍一色の精緻なものから多色を用いた華やかなものまで、さまざまな型染の服飾を紹介します。

浴衣 (中形) 明治時代 浴衣 (中形) 明治時代
間着 (紅板締) 明治時代 間着 (紅板締) 明治時代
着物 (型友禅) 大正時代 着物 (型友禅) 大正時代
着物 (型絵染) 昭和33年<br>芹沢銈介 着物 (型絵染) 昭和33年
芹沢銈介
琉球衣装 (紅型) 明治時代 琉球衣装 (紅型) 明治時代

未来は過去にある”THE FUTURE IS IN THE PAST” -NIGO’s VINTAGE ARCHIVE- 2022年9月14日(水)~2022年11月13日(日) 終了

「HUMAN MADE」創設者兼デザイナーであり、「KENZO」のアーティスティックディレクターでもあるNIGO®。創設者の高田賢三氏以来、日本人としては初となる「KENZO」のデザイナー就任で大きな節目を迎えたNIGO®が、少年期より35年余りにわたって収集し続けている門外不出のヴィンテージコレクションを、母校である文化服装学院の関連機関である文化学園服飾博物館にて展示いたします。ここまで稀有なヴィンテージアイテムの数々が公開されるのは滅多にありません。母校の文化服装学院より更に多くの世界を魅了するファッションデザイナーが誕生することを願い、NIGO®自らが母校の後輩をはじめ、世界中のファッション愛好者やヴィンテージフリークのために企画した展示をぜひご覧ください。

主催:文化服装学院 お問い合わせ:03-3299-2211

紅白 夢の競演! -さまざまな国の”赤”と”白”- 2022年12月9日(金)~2023年2月14日(火)

衣服の「色」は、着たときの印象を左右する大切な要素で、時に個人や民族の思想を反映したり、着る人の立場を表すなど、さまざまな解釈が与えられてきました。本展では、「赤」と「白」の衣装に注目し、日本の着物、アジアやアフリカの民族衣装、ヨーロッパのドレスなど、約40か国の衣装を出品します。赤は太陽や火、血の色に通じることから、生命力や力強さ、権威の象徴とされることもあります。また色味を持たない白は、透明感や清らかさを連想させることから、清潔、純真、神聖といった意味が与えられることもあります。それぞれの色が各国でどのような意味を持つのか、共通点や相違点などを探りつつ、世界各地の衣装の競演をお楽しみください。

 

「紅白 夢の競演!-さまざまな国の”赤”と”白”-」展紹介動画

女児着物 昭和14年 女児着物 昭和14年
女性用衣装 フランス <br>アルザス地方 1970年代 女性用衣装 フランス
アルザス地方 1970年代
ウエディング・ドレス<br>イギリス 1840年頃  ウエディング・ドレス
イギリス 1840年頃 
上衣:アンガルカ インド<br>1930-50年代 上衣:アンガルカ インド
1930-50年代
ドレス パレスチナ地域<br>1940年代 ドレス パレスチナ地域
1940年代