衣服が語る戦争

2015年06月10日(水)~08月31日(月)

今年は第二次世界大戦が終結して70年です。戦争という特殊な状況下において、人々の衣生活には大きな変化が生じました。戦時下の衣服には、戦意高揚やナショナリズムを意識した文様、国民の統率を図り贅沢を制約するための標準服など、大衆が戦争にのみ込まれていくさまが見て取れます。展示では、明治時代から昭和戦前期を中心とした戦時下の人々の着物や洋装、また同時期のヨーロッパで流行したミリタリー・テイストのスーツなど、衣服が語る戦争の影響を、当時の雑誌なども紹介しながら読み取っていきます。また、小特集として具足や陣羽織など江戸時代の武士の装いも紹介します。


会期2015年06月10日(水)~08月31日(月)
開館時間10:00~16:30(6月19日、7月3日は19:00まで開館、入館は閉館の30分前まで)
休館日日曜日、祝日(但し6月14日、8月2日、23日は開館)*夏期休館=8/9~16
入館料一般500(400)円、大高生300(200)円、小中生200(100)円
*( )内は20名以上の団体料金
* 障害者とその付添者1名は無料

ギャラリートーク:6月27日(土)、8月22日(土)、各回13:30~(12:30より受付順30名)

»  一覧へ

展示会情報

Copylight ©2013 BUNKA GAKUEN COSYUME MUSEUM. All right reserved.