魔除け ~身にまとう祈るこころ~

2015年12月17日(木)~02月17日(水)

服には、暑さ寒さに対する温熱調節を果たすだけでなく、身を護る役割もあります。科学が発達する以前、生命を脅かす目に見えないものを人々は「魔」とみなし、魔を追い払う力や神聖さを保つ力があるとされる文様や色、素材を衣服に使用し身にまといました。また、魔の侵入口と考えられた衣服の開口部や目の行き届かない背部には、刺繍やビーズなどで結界を築き、耳や額など人間の機能や生命にかかわる大事な部分には、護符の意味を持つアクセサリーを身につけ身の安全を祈りました。本展では、アジア・アフリカ地域を中心に、各民族の服飾に見られる多様な魔除けの役割を紹介します。


会期2015年12月17日(木)~02月17日(水)
開館時間10:00~16:30(1月15日、2月12日は19:00まで開館、入館は閉館の30分前まで)
休館日日曜日、祝日、年末年始(12/29~1/4)
入館料一般500(400)円、大高生300(200)円、小中生200(100)円
*( )内は20名以上の団体料金
* 障害者とその付添者1名は無料

ギャラリートーク/1月16日(土)、2月6日(土) 13:30~(12:30より受付順30名)

»  一覧へ

展示会情報

Copylight ©2013 BUNKA GAKUEN COSYUME MUSEUM. All right reserved.