日本人と洋服の150年

2016年10月06日(木)~11月30日(水)

日本人が洋服を着始めておよそ150年が経ちます。幕末、黒船来航によって人々は自分たちとは全く違った服装を目の当たりにしました。1000年の長きにわたって着物を着続けてきた日本人が、その後わずか150年の間にどのように洋装を受け入れ、今日世界に独自のファッション性を発信するようになったのでしょうか。本展では明治初期の洋装からパリ・コレクションに進出した日本人デザイナーの作品までを展覧し、憧れ、コンプレックス、アンデンティティの再認など、日本人のさまざまな思いも探ります。


会期2016年10月06日(木)~11月30日(水)
開館時間*10:00~16:30 (10月14日、11月18日は19:00まで開館)
*入館は閉館の30分前まで
休館日日曜日、祝日(ただし、11月3日は開館)
入館料一般500(400)円、大高生300(200)円、小中生200(100)円
*( )内は20名以上の団体料金
* 障害者とその付添者1名は無料

ギャラリートーク:10月29日(土)、11月19日(土) 各回13:30~(12:30より受付順30名)

»  一覧へ

展示会情報

Copylight ©2013 BUNKA GAKUEN COSYUME MUSEUM. All right reserved.