能装束と歌舞伎衣裳

2019年10月07日(月)~11月29日(金)

日本の伝統芸能として現在も多くの人々に愛されている「能」と「歌舞伎」、両者の魅力を衣装に焦点をあてて紹介します。能は、江戸時代に幕府の式楽とされ隆盛を極めました。その装束は、各大名が贅を尽くした豪華絢爛なものです。同じく江戸時代に、庶民の熱狂的な支持を受けた歌舞伎の華やかで目を引く衣裳は、市井の風俗にも大きな影響を与えました。

本展では、当館所蔵の彦根藩主・井伊家旧蔵の江戸時代・明治時代を中心とした能装束と、松竹衣裳株式会社の所蔵する現代の歌舞伎衣裳を併せてご覧いただきます。芸能衣装ならではの大胆で華やかな意匠に注目するとともに、能と歌舞伎の衣装の特色や共通性にも迫ります。


会期2019年10月07日(月)~11月29日(金)
開館時間10:00~16:30(10月11日、11月15日は19:00まで開館、入館は閉館の30分前まで)
休館日日曜日・祝日・10月22日・11月6日~8日  ※11月3日(日)、4日(振休)は開館
入館料一般500(400)円、大高生300(200)円、小中生200(100)円
*( )内は20名以上の団体料金
* 障害者とその付添者1名は無料

»  一覧へ

展示会情報

Copylight ©2013 BUNKA GAKUEN COSYUME MUSEUM. All right reserved.