ヨーロピアン・モード

2020年07月18日(土)~09月08日(火)

※緊急事態宣言を受け中止となった春季展覧会を夏季に開催します。

ヨーロッパのドレスは、それぞれの時代でスカートの形や丈、袖の大きさなどに流行が見られます。これらの流行は、女性の好みやデザイナーの創造力のみによるものではなく、政治的、経済的、社会的な要因が密接に関係しています。本展では、宮廷が流行を生み出した18世紀のロココ時代から、産業の発達や社会の成熟とともに変化する19世紀を経て、若者や大衆が流行の担い手となった20世紀末まで、ヨーロッパを発信元とする約250年の女性モードの変遷を、その社会背景とともに紹介します。

また特集として、1960‐70年代のモードを取り上げます。戦後世代の若者がモードに大きな影響を及ぼすようになったこの時代には、ミニスカートやパンタロンの流行、新しい素材の使用など、旧来の概念にとらわれない自由な発想によるクリエーションが感じられます。展示では、若者が発信する新たな感覚から生み出されたドレスを紹介します。


会期2020年07月18日(土)~09月08日(火)
開館時間10:00~16:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日日曜、祝日 ※夏期休館:8月7日~16日
入館料一般500(400)円、大高生300(200)円、小中生200(100)円
*( )内は20名以上の団体料金
* 障害者とその付添者1名は無料

»  一覧へ

展示会情報

Copylight ©2013 BUNKA GAKUEN COSYUME MUSEUM. All right reserved.